函館松寿会は特別養護老人ホーム「函館はくあい園」の運営、ショートステイやデイサービス、訪問介護などを行っております

お気軽にお電話ください
☎ 0138-45-5250

よくあるご質問

ご利用者様から寄せられるよくあるご質問をまとめました。

  • Q.いろいろな名前の施設サービスがありますが違いはなんですか?

    A.
    施設型サービスの違いは以下のとおりです。
    地方公共団体や社会福祉法人が運営し、介護やケアが必要な方のための施設
    介護老人福祉施設食事や排せつなどで常時介護が必要で,自宅では介護が困難な方が入所します。
    特別養護老人ホームはこれにあたります
    介護老人保健施設病状が安定し,自宅へ戻れるようリハビリに重点を置いたケアが必要な方が入所します。
    介護療養型医療施設急性期の治療が終わり,長期の療養を必要とする方のための医療機関の病床です。
    主に民間企業が運営し、介護やケアを受けながら生活するための施設
    介護付
    有料老人ホーム
    介護保険で定められた基準を満たし、「特定施設入所者生活介護」の指定を受けた有料老人ホーム。介護や食事などのサービスを受けることができます。
    住宅型
    有料老人ホーム
    食事などのサービスを受けることができる有料老人ホーム。介護が必要になった場合には、個人のケアプランに従って、外部のサービスを利用することになります。
    健康型
    有料老人ホーム
    食事のサービスなどを受けることはできますが、介護サービスは提供されない有料老人ホーム。介護が必要になった場合には、契約を解除して退去しなければならない所もあります。
    グループホーム主に認知症を患っている方が介護サービスを受けながら少人数で共同生活する施設。ヘルパーと一緒に掃除や調理などの家事を行う施設もあります。
    ※上記はあくまでも一例です
  • Q.要介護度について教えてください。

    A.
    要介護度とは、介護保健制度を利用する上での介護の度合いを表したものです。
    要介護度の認定は市の窓口への申請が必要で、市から依頼された居宅介護支援事業所の介護支援専門員により認定調査が行われ、市が委託した医師、看護師、福祉従事者で構成された介護認定審査会により決定されます。
    申請された方の状態により、下記の7段階に区分されます。

    <要介護度ごとの身体の状態>※函館市公表
    要支援1日常生活はほぼ自分でできるが,起きあがり・立ち上がりなど何かにつかまらなければできない状態
    要支援2歩行や入浴などに何らかの介助が必要
    要介護1歩行や入浴のほか,薬の内服,金銭管理,電話の利用等に何らかの介助が必要
    要介護2歩行,入浴,金銭管理などのほか,衣服の着脱や排せつ等に何らかの介助が必要
    要介護3入浴や衣服の着脱,排せつなどに全面的な介助が必要、認知症がある場合は,かなりの問題行動や理解力の低下が見られる
    要介護4食事や入浴,衣服の着脱,排せつなど日常生活に全面的な介助が必要、認知症がある場合は,問題行動が一層増え,理解力もかなり低下する
    要介護5生活全般にわたって全面的な介助が必要
    ※平均的な状態の例ですので,ご本人の状態と完全に一致するものではありません
  • Q.要介護度別の1ヶ月あたりの介護保険利用限度額を教えてください。

    A.
    下記の利用限度額内は1割負担となっております。※2015年2月現在
    要支援150,030円
    要支援2104,730円
    要介護1166,920円
    要介護2196,160円
    要介護3269,310円
    要介護4308,060円
    要介護5360,650円
    上記金額を超える部分は全額自己負担となります。
  • Q.所得段階の内容を教えてください。

    A.
    所得段階は以下のとおりとなっております。※2015年2月現在
    第1段階生活保護受給者、老齢福祉年金受給者で世帯全員が市町村民税世帯非課税の方
    第2段階世帯全員が市町村民世帯非課税者で、課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方
    第3段階世帯全員が市町村民世帯非課税者で、第2段階以外の方
    第4段階上記以外の方
法人概要|公開情報JKA補助事業のお知らせ
社会福祉法人 函館松寿会
〒040-0077 北海道函館市吉川町3番16号
TEL.0138-45-5250 FAX.0138-45-5251

COPYRIGHT(C)HAKODATE-SHOUJUKAI. All Rights Reserved.

上に戻る▲